人気ブログランキング |

★おたる・スナップ・散歩・・・

kei2744.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 27日

初雪~一夜明けて・・・

10月26日、予報どおりの初雪となって今日27日は銀世界・・・。
この雪は今朝までで午後からは回復とか・・・季節はいよいよ冬に向かうがもう少し晩秋を楽しみたいものである。
初雪を踏みしめ公園散歩・・・

 1)天狗山も雪化粧・・・  小樽公園にて。
a0100204_12241697.jpg

 2)雪景色と桜の紅葉・・・  公園内招魂碑参道にて。
a0100204_1226220.jpg

 3)銀杏の黄葉とナナカマドの紅葉・・・
a0100204_12292025.jpg

 4)雪の白樺林・・・  公園内ロータリーの杜にて。
a0100204_12312342.jpg

 
☆おまけ
雪にも負けず・・・
a0100204_1233956.jpg

雪に映えるモミジの葉・・・
a0100204_1234151.jpg


by kei-2744 | 2010-10-27 12:38 | 公園
2010年 10月 25日

モノクロDE小樽港・・・

モノクロが似合うと言われる小樽、ならば、あえてモノクロモードで挑戦したが・・・

 1)第三埠頭にて月見橋・色内方面を望んで・・・
a0100204_21245915.jpg

 2)第三埠頭北側岸壁・・・この岸壁に『にっぽん丸』や『飛鳥Ⅱ』などの豪華客船が接岸する。
a0100204_21323833.jpg
 
 3)青森の漁船団が接岸した第二埠頭南側岸壁・・・
a0100204_21374624.jpg

 4)第二埠頭北側岸壁に寄港した航海訓練船『銀河丸』と訓練生・・・
a0100204_21414497.jpg

 5)第二埠頭北側にて・・・(1~4とは別の日に撮影。)
a0100204_2144233.jpg


※小樽には何故かモノクロが似合う!と言われる。それは歴史的土壌と斜陽の街からくる潜在的イメージなのだろうか・・・

 

by kei-2744 | 2010-10-25 21:52 | 小樽港
2010年 10月 16日

札幌・豊平峡ダム・・・

10月11日(体育の日)の祝日、小樽朝里峠~定山渓ダム~経由で紅葉が見頃という豊平峡ダムまで片道およそ一時間のドライブを楽しんだ・・・。

豊平峡トンネル(ダム側)・・・
a0100204_1621916.jpg

岩肌で色づく木々・・・
a0100204_16234573.jpg

ダム湖の景観・・・
a0100204_1625597.jpg

放水の飛沫で虹が・・・
a0100204_16264253.jpg

電気バス乗り場側からの景観・・・
a0100204_16302597.jpg



豊平峡は札幌市の水瓶となっているが奥座敷と呼ばれる定山渓のさらに山奥にあり、支笏洞爺国立公園の
中にある秘境である。

by kei-2744 | 2010-10-16 16:40
2010年 10月 13日

落ち葉とベンチ・・・

入船公園の落ち葉のメロディー♪ (ひとつの心象風景・・・?)

枯葉舞う季節到来!そんな中入船公園を散歩した・・・
a0100204_13381638.jpg

a0100204_13391262.jpg

a0100204_1339512.jpg

製造元もグラデェーション・・・もうじき大量生産?
a0100204_13415776.jpg


by kei-2744 | 2010-10-13 13:45 | 公園
2010年 10月 09日

小樽市JR塩谷駅・・・

塩屋駅は私の少年時代、NHKの連続テレビ小説『旅路』の舞台になった駅だと記憶している・・・。
演じていたのは・日色ともゑ・横内正・山田吾一の三人くらいしか記憶に無いが・・・冒頭のタイトルバックに山間を走る蒸気機関車が印象に残っている。(記憶違いの節はご容赦ください!)
小樽市塩谷は海岸沿いに広がる漁村のイメージが強い・・・、実際に塩谷漁港や砂浜の海水浴場もあるが塩谷駅は地形の関係で海沿いからひと山越えた所にある。
JR塩谷駅
この駅は、朝里駅(掲載済み)・蘭島駅と同様、現在は無人駅となっている・・・。

小樽~蘭越間を季間運行「SLニセコ号C11」が通過中・・・(小樽駅、午前10:01発、残念ながら塩谷駅には停車しない。)
a0100204_14472824.jpg

塩谷駅正面側・・・
a0100204_14511599.jpg

上り方面への連絡通路・・・
a0100204_14525047.jpg

ホーム側からの駅舎・・・
a0100204_14535732.jpg

発車する普通列車・・・
a0100204_14561912.jpg


ちなみに東京ロマンチカのヒット曲『小樽の人よ』に「♪二人で歩いた塩谷の浜辺~♪」と歌われた塩谷海岸までは徒歩では20分程度の道程であろう。

SLニセコ号の季間運行は土・日・祝日のみの運行となっている。

by kei-2744 | 2010-10-09 15:04 |
2010年 10月 06日

小樽港・第三埠頭からの夕景・・・

小樽駅から真正面に見える海が小樽港・第三埠頭、今年は暑さも手伝い埠頭に訪れる機会多かった・・・
第三埠頭は『飛鳥Ⅱ』や『にっぽん丸』などの豪華客船の寄港に利用される他、市港湾部の建物からは観光船の乗り場もある埠頭となっている為、観光客も多数写真を撮りに訪れている。
そんな小樽港・第三埠頭で夕方の風景を・・・

 第三埠頭から運河側・・・
a0100204_16531363.jpg

 第三埠頭から北運河出入り口側・・・
a0100204_16543379.jpg


小樽港には北から順に色内埠頭、第三埠頭、第二埠頭、堺町埠頭、中央埠頭、そしてフェリーターミナルや小樽港マリーナを併せ持つ勝納(かつない)埠頭の計6本の埠頭と手宮岸壁・北浜岸壁などを併せ持ち用途に応じて使用されている、北海道有数の港である。

by kei-2744 | 2010-10-06 16:57 | 小樽港
2010年 10月 03日

不思議な建造物?・・・

以前からこの交差点を通るたびに気になっていたユニークで不思議な建物?それともアート?・・・
a0100204_13223062.jpg

a0100204_13234448.jpg

裏手が見える所まで行くと分かるのだが・・・
どうやら建設関係の会社の資材置き場のようだが物置のような家屋に廃材?を利用して飾りつけたもののようで奥の資材の目隠しを兼ねているのかと勝手に推測してしまう、不思議な建物である。

長橋5丁目にて

by kei-2744 | 2010-10-03 13:32