★おたる・スナップ・散歩・・・

kei2744.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 26日

観光スポット・・・堺町通り散策・・・その2

硝子工房『小樽浪漫館』
旧百十三銀行小樽支店・・・築:明治41年 木骨石造2階建
小樽支店開設は明治26年にさかのぼる、当初の店舗は同じ並びの4軒南にあったが業務拡大に伴い現在地に新築された・・・寄棟,瓦屋根で角地に正面玄関を設置し、上部にギリシャ建築風装飾を配した建物になっている、
外壁は当初石貼りだったものを後年、煉瓦タイルを貼りに変え現在の姿となっている。
『小樽浪漫館』は硝子のアクセサリー類を中心とした硝子工芸店になっている・・・
a0100204_23205995.jpg

正面玄関・・・
a0100204_2322191.jpg

店内の様子・・・壁面の展示台は全てアンティーク家具を利用している・・・
a0100204_23401616.jpg

a0100204_23243146.jpg

a0100204_23493115.jpg

島展示台の一部・・・
a0100204_23292474.jpg

店舗奥売り場の様子・・・
a0100204_2331954.jpg

店舗奥の吹き抜け天井の様子・・・
a0100204_2342010.jpg

この写真の右手側には喫茶『cafe-deko』が併設されており散策の休憩に利用者も多い・・・
a0100204_23515888.jpg

銀行時代の通用口は喫茶『cafe-deko』の堺町通りからの入口になっている・・・
a0100204_23562639.jpg

通用門を潜ると当時の街路灯が並び、レトロチックなエントランスになっている・・・
a0100204_052757.jpg

夜のイルミネーション・ライトアップの様子・・・(車中からの撮影の為,ブレは御容赦・・・)
a0100204_0142944.jpg


☆小樽浪漫館は硝子アクセサリー類を中心に扱い、大正硝子館とオコバチ川を挟んで隣り合って居り、運河の近くの硝子細工専門店として閉店時間まで観光客で賑わう人気店となっている。
[PR]

by kei-2744 | 2007-09-26 22:58 | 歴史的建造物


<< 観光スポット・・・堺町通り散策...      観光スポット・・・堺町通り散策... >>