★おたる・スナップ・散歩・・・

kei2744.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 25日

桜咲く天上寺

現在小樽の桜は染井吉野や蝦夷山桜が終わり八重桜が満開を迎えようとしている。
今年は天候不順のため例年より一週間ほど開花が遅れたがその分、花見期間は長かったようだ。
そんな桜のシーズンに歴史的建造物の本堂を持つ天上寺を訪れた・・・。

5月15日の天上寺
 
 1)桜咲く見事な門構・・・
a0100204_19464874.jpg

 2)山門屋根の造り・・・
a0100204_19481569.jpg

 3)門から参道を伺うと・・・
a0100204_19505457.jpg

 4)参道奥からの門側の景色・・・
a0100204_19535413.jpg

 5)歴史的建造物に指定されている天上寺本堂・・・
a0100204_19562669.jpg

 6)正面天井の造り・・・
a0100204_19583147.jpg

 7)見事な彫刻が目を奪う・・・
a0100204_2004770.jpg

 8)本堂前広場の鐘突堂・・・
a0100204_2022246.jpg

 9)本堂前広場からの景色・・・
a0100204_2032357.jpg

10)桜のアップ・・・
a0100204_2045072.jpg


小樽市指定歴史的建造物『天上寺本堂
概要  建築年:明治23年
    構 造:木造一階建
    用 途:寺院
解説  この寺は明治13年奥沢十字街近くに浄土宗函館中教院が小樽出張所として開いたのが始まりで、同15年に天上寺と公称している。
この本堂は明治23年入船十字街近くに建立され、その後大正4年に現在地に移築されたものである。
外観は長野の善光寺の外観を模した入り母屋妻入り、軒下に裳階を付けていて内部は、中央に設けられた柱列で、外陣と内陣に分けられその奥に阿弥陀三尊が安置されている。
                            (小樽市HP歴的建造物参照)
    
[PR]

by kei-2744 | 2010-05-25 20:29 | 歴史的建造物


<< JR南小樽駅      優駿街道・サラブレッド・ロード新冠編 >>